飲食店を開きたい!夢追い人応援サイト

飲食店舗にかかる賃貸費用

ちょっとリアルなお金の話!店舗物件の賃貸費用について

夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし、故に、夢なき者に成功なしという吉田松陰の言葉にあるように、成功の秘訣は計画にあります。 ここでは、なぜ計画するのか、店舗物件を借りるまでどう計画していくかをまとめました。

成功者は計画上手!転ばぬ先の計画作りをしていこう

飲食店を開業するとき、一体いくら必要なのでしょうか。
例えば、カフェや喫茶店の開業するための費用は、おおよそ100万円から1500万円といわれています。

さらに、そのなかの物件取得の費用としての内訳は、保証金、共益費、管理費、仲介手数料、敷金礼金、手付金や火災保険といった保険料になります。

保証金とは、万が一、家賃を滞納した場合、そこから滞納した分を支払うためのお金です。
物件によって異なりますが、家賃の10ヶ月分の金額が一般的です。
例えば、家賃が10万円なら保証金は100万円と考えます。
共益費や管理費は、廊下などの共有スペースの清掃費などです。
賃料に含まれることがあるので、確認しましょう。
手付金ですが、一定期間、その物件をキープすることができるお金です。

店舗物件の家賃は、賃貸を借りるとき、いくら必要かを考える指標になるので、どれくらいの規模のお店にするか考える必要があります。

また、居抜き物件の際は、前のお店の内装や設備を引き継ぐという場合は、造作譲渡費が発生します。

そう考えると、決して安くない資金が必要で、飲食店の開業は長い道のりであるということが分かります。
近道ではないけれど、どうしたら、その長い道のりで確実にあなたが思い描くお店を作ることができるのかをこのサイトにまとめました。

計画はいつ頃までに立てるのか、物件探しはどのタイミングですればいいのか、居抜き物件やスケルトン物件とは何か、資金調達についてもまとめていますので、店舗物件の賃貸契約までの必要項目として読んでいただけたらと思います。

あなたはどっち?居抜き物件とスケルトン物件の違い

計画を立てたら、メインの物件探しになります。 店舗物件探しの基準の一つとして居抜き物件かスケルトン物件かがあります。 どちらにするかで費用やこれからの動きが変わっていきます。 ここでは居抜き物件とスケルトン物件の違いやメリット、デメリットをお伝えしていきます。

夢を叶えるためには?店舗物件を借りるための必要なこと

夢を現実にするには、やっぱりお金も必要です。 自分の思い描くお店にあった店舗物件と出会ったとき、いち早くより良いアクションが起こせるように今から資金作りの知識を持つことも大切です。 また、知っていると安心な審査の流れや保証人についてもまとめています。