飲食店を開きたい!夢追い人応援サイト

飲食店舗にかかる賃貸費用

夢を叶えるためには?店舗物件を借りるための必要なこと

開業資金を準備するには

お店を作るときの一番最初の大きな壁は、資金作りではないでしょうか?

自分のお金でポンっと賄えるのが一番理想ですが、現実そうはいきません。
親族や友人から資金を募るという方法もありますが、身内だからこそ金銭トラブルに発展してしまう恐れもあります。
なのでその場合は、親族や友人であっても、しっかり返済期限を設け書面に残しましょう。
では、他にどんな方法があるのかこれからお話ししていきます。

一番メジャーなのが、日本政策金融公庫の中小企業経営力強化資金です。
無担保で保証人無しでもいいのが嬉しいですよね。
また、融資面談の際も専門家が同席してくれるので安心です。
ここでは、知識もあり親身に話を聞いてくれて、わかりやすく説明してくれる専門家にお願いすることが大きなポイントになります。

また、開業前の資金調達にはなりませんが、開業して1年ほど過ぎるとお金を利用することができる助成金、補助金も覚えておくと安心です。

店舗物件の賃貸契約の流れについて

普通のアパートと同様、店舗物件を借りるときも保証会社の利用を求められることがあります。

保証会社とはどんなものかというと、もし賃料を滞納してしまった場合、賃料を立て替えてくれるサービスをしてくれる会社です。

さらに保証会社を利用するときも審査が必要になってきます。
審査に落ちてしまう可能性としてあげられるものは、賃貸が高いということと、開業資金が少ないなどが挙げられます。
賃料が高過ぎると滞納のリスクが高くなり、開業資金が低いとこの人、ちゃんと計画立てていないのではないか、閉店しちゃいそうと思われるリスクが高くなるからです。

ちょっと厳しそうだし、お金もかかっちゃうと思ってしまいますが、保証会社を利用することで家主さんからの信頼も得られます。
しっかり計画をし、無事に店舗物件が借りられて、あなたが描いていたお店が作れるといいですね!


この記事をシェアする